【日本の中の異国】群馬県 大泉町のブラジリアンタウンへ

旅行・ロケ
この記事を書いた人
この記事を書いた人
菅原 正道

千葉市緑区出身の現役塾長。小中高生を対象とした学習塾で、5年間教室長をつとめる。
これまで、200名以上の受験生を第一志望の学校に送り出してきた。確実に合格するための戦略を組み立てることを得意とする。

菅原 正道をフォローする

予想はしていたが、本当に外国にいるような気分

今回のツアーのメインスポット
群馬県邑楽郡大泉町にやってきました。

ここは、
ブラジル人をはじめとした
外国人が多く住むエリアです。

南米のブラジルやボリビア、チリ
そしてネパールやトルコなど、
多国籍なエリアとなっています。

まず、東武小泉線の「西小泉」駅から
ツアーが始まります。

標識のデザインがなんかブラジルっぽいですね!

フラフラ街中を歩いていると、
やはり建物の表記は外国語がズラリと並びます。

すれ違う人も
ほとんど外国人ばかり。

大泉町の観光協会のある
「ブラジリアンプラザ」へ。

なぜ大泉町に外国人が多く住んでいるのか、
資料が展示されています。

観光協会の方から街のガイドブックを
いただきました。

外国人専門のスーパーマーケット タカラ
(駅から徒歩15分くらい)

食料品の種類も豊富で、
見ているだけで楽しい!
ベトナムのハノイビールもあるし・・・
お菓子もたくさんあります。

店内の匂いや聞こえてくる雑音など、
ここは外国そのものです。

日本にいることを忘れてしまうような雰囲気。

昼食に「CASA BLANCA」というお店に来ましたが、
水曜は閉店のようです。

ほかにも、
「レストラン ブラジル」
という有名なお店もお休みでした。

こういうときに限って・・・
残念!

毎週水曜はCLOSEするお店が多い中、ブラジルレストランを発見!

朝から何も食べていなかったので、
意識が朦朧としているなか、
たまたま駅近のブラジルレストランを発見!

Brazil Star foods – Oizumi

〒370-0532 群馬県邑楽郡大泉町坂田2丁目16−1
店内は南米系の方ばかり。
飛び交う言語も外国語で、
日本にいることを忘れてしまうような感覚

この独特な雰囲気がいいんですよね~

せっかく来たので、
ビック・ビーフ(1540円)をオーダー

ボリューム満点!
サラダとごはん、豆の煮込みは食べ放題です。

さすがにお腹いっぱいで苦しい!

店員さんは
非常にフレンドリーな方でした。

西小泉駅からすぐ近くの宮城商店でお土産を買う

西小泉駅は、1時間に1,2本しか
電車が発着しません。

そのため、タイミングを逃すと
待機時間がけっこうあるな・・・

駅のすぐそばに、
「宮城商店」という
外国人向けのお店があります。

そこをフラッと見学してみましょう。

店内は珍しいものがたくさん!

スパイスカレーの調味料として
ターメリックパウダーを購入。
バングラディッシュ産のものが325円。
200グラムもあって、
この値段なら超お買い得!

日本のスーパーだと
8グラムで150円とかしますからね

当分、外国に行くのは難しいでしょうが、
ちょっと外国が恋しくなったら
この街のレストランやスーパーに行ってみると
ホッとすることでしょう。

都心からも
2,3時間で行ける距離なので、
気軽に行くことができます。

それではまた!

コメント