子どもの塾代が高すぎる!現役教室長が教える節約術

お役立ち情報

小中高生の教育費は年々増加するばかり・・・

明光義塾でも、月謝がネックとなり、退塾してしまう生徒がいるのもたしか。

とはいえ、塾をやめたとしても、地力で学力を伸ばせる子は、ほんのひと握り。

今でもほとんどの子どもにとっては、学習塾の存在は不可欠といっていいでしょう。

そこで今回は、学習塾の教室長歴5年のわたしが、塾の費用を少しでも、節約する方法3点をご紹介していこうと思います。

明光義塾の費用

☆中学1・2年生 英語・数学の週2回で通塾の場合

 ⇒⇒⇒   月 29,370円

☆中学3年生 英語・数学の週2回で通塾の場合

 ⇒⇒⇒   月 31,570円

☆中学3年生 英語・数学・理科の週3回で通塾の場合

 ⇒⇒⇒   月 43,670円

*中学3年生の場合、他に模試代として、月々3,800円が発生します。

☆高校3年生 英語のみの週1回で通塾の場合

 ⇒⇒⇒   月 20,570円

個別指導塾なので、集団塾に比べると、費用がやや高いというのは否めません。

生徒ひとりひとりに対応する時間が長くなる以上、多少コストが上回るのは当然でしょう。

ある程度自分で勉強できる学力と、自制心がある子なら、集団塾に行けば、当然塾代を安く抑えることができます。

しかし、以下のケースの方は、やはり個別指導塾を選んだ方が賢明です。

  • 授業のペースについていくことができない。
  • まわりの生徒と極力関わらないで、自分のペースで勉強したい
  • 疑問点があったら、すぐに質問したい。
  • 不登校、学校を休みがち

こういったケースの場合、月謝が安いというだけの理由で、集団塾に行ってしまうと、たいして身に付かないままで終わってしまいます。
こうなってしまっては、貴重なお金をドブに捨てるようなもの。

子どもの適正を見極めて、塾を選びましょう。

塾代を節約するコツはこの3つ

ややお高めな、個別指導塾の塾代を節約するコツ。

個別指導塾でも、うまく利用すれば、最低限の費用で、成績アップを図ることも可能です。

①コマ数を減らす

  • 中学1年生 英語・数学の週2回通塾⇒⇒⇒数学のみの週1回の通塾に変更。

  コストカット額 29,370円➡17,270円 

      12,100円の削減!

  • 中学3年生 英語・数学・理科の週3回通塾⇒⇒⇒英語・数学の週2回の通塾に変更。

  コストカット額 43,670円➡31,570円

      12,100の削減!

というように、週に通塾するコマ数を減らす方法です。

そうなると、先生から指導してもらえる時間は、当然減ります。

でも、ある程度自分で勉強を進められるようになったら、授業数を減らして、疑問点があれば授業時にまとめて質問して解決するのもアリでしょう。

ぜひ、通っている教室の塾長に相談してみてください。

②オンライン授業や通信講座をメイン、塾をサブとして利用。

模擬試験で偏差値55くらいあるような、平均よりちょっと上のレベルの学力があれば、オンライン授業をメインとして利用するのもアリです。

最近では、You Tubeで、無料の授業を利用することもできますし、スタディサプリのような、高品質な映像授業を提供するサービスもあります。

こういった素材をうまく活用できれば、塾代をだいぶコストカットすることができます。

スタサプだと、月々1,980円なので、個別指導塾の費用に比べれば、破格の安さです。

映像授業ではないですが、Z会のような通信講座を地力で進められるような子であれば、なお良いですね。
Z会だと、月々のお月謝は、5科目で11,750円。

個別指導塾に通うよりは、やはり安い!

スタディサプリの中学講座や、Z会をメインとして利用し、疑問点を個別指導塾で教えてもらうという「合わせ技」をすることで、費用を抑えつつ、最大限の効果を生み出すことができます。

たとえば、個別指導塾は、週1回だけ通って苦手科目だけ集中してみてもらい、自分でできる科目は通信講座で受ける、という方法です。

こういった「合わせ技」の利用は、一定程度の学力のある層でないと難しい面もあります。

さすがに、基礎力の欠けた子や、自制心のない子が、通信講座だけ申し込んでも、長続きさせるのは厳しいと言わざるを得ませんからね。

まずはじっくりと基礎学力を身に付け、自分で勉強できるようになったら、通信講座に挑戦しましょう!





③自習スペースを利用しまくる

授業を受けることだけが塾のすべてではありません。

自習用のスペースを積極的に利用して、勉強時間を確保しましょう。

塾をふんだんに利用すれば、ふだんの月謝以上に塾代を払う価値があるといえます。

ほとんどの塾では、基本的には自習スペースの利用は無料です。

たとえば、塾の授業は週1回だけ利用し、それ以外の時間は自習スぺ―スを利用する。

こんな利用法もアリです!

自習のときに疑問点があった場合は、基本的には先生から指導を受けることはできません。

でも、たまたま先生の手が空いているタイミングがあれば、そのスキに聞いてしまうのはOKです。

他の生徒さんとの兼ね合いもありますが、質問内容が許容範囲の中であれば、聞いてみましょう!

最大の節約術は、「そもそも塾に行かない」こと!

以上、高い塾代を少しでも節約する方法 3点をご紹介しました。

もちろん塾の先生を信頼して、提案どおり全ての授業を受けるのもアリです。

ただ、何でも塾任せで、提案どおりに授業を受けると、高額な授業料が発生してしまうのもたしか・・・

そこで、大事なスタンスとして持っていてもらいことがあります。

それは、「自分で対処できることは、自分で解決する。」

「自分ではできないことを塾の先生にカバーしてもらう」、という積極的な姿勢です。

積極的な姿勢で塾を利用すれば、不要な授業料が何かを見極めることができますし、それに伴って、授業料のコストカットが可能になります。

極論を言ってしまえば、自分で勉強を進めていき、すべての問題を自分で解決することができれば、塾に行く必要なんてないわけです。

そうなれば、塾代丸ごとカットが可能!

最大の節約術というわけですね。
(ま、そんなスゴイ子は、めったにいないでしょうが・・・)

いずれにせよ、少しでもコストカットできるよう、必要な授業はしっかり受講する。

逆に、不要だと思われる、オプションの講座や模擬試験などは、タイミングを見ながら極力避けるようにしましょう。

それではまた!

コメント

  1. […] 受験バカのまなびNAVI ちば!2020.12.09子どもの塾代が高すぎる!現役教室長が教える節約術https://shien-salon.sugawara-kokusai.net/2020/12/09/jukudai-osusumeplan/小中高生の教育費は年々増加するばかり […]