【英語の長文対策】英検3級のテキストを使った勉強法

勉強法
この記事を書いた人
この記事を書いた人
菅原 正道

千葉市緑区出身の現役塾長。小中高生を対象とした学習塾で、5年間教室長をつとめる。
これまで、200名以上の受験生を第一志望の学校に送り出してきた。確実に合格するための戦略を組み立てることを得意とする。

菅原 正道をフォローする

単語・文法以外はどうやって勉強するのか?

生徒:「テキストでは、文法や単語の勉強はしっかりできそうです。
しかし、長文問題があまり載っていないので、長文読解の対策のしかたがわかりません。」

最近、こういった質問を多く受けます。

結論として、

英検の問題集をやれば十分です!

英検3級、あるいは準2級レベルの過去問を解けるくらいのレベルがあれば、千葉県公立高校入試のレベルはカバーできてしまいます。

英単語はもちろんのこと、熟語、文法、長文読解など。

英検学習を通じて得られるものは、たくさんあります。

受験対策で何をすればよいのか迷っているのであれば、断然、英検の問題集をおススメします!


 

ついでに英検も合格できれば一石二鳥!

たしかに、塾の教材や市販の問題集を見ると、内容はほとんど文法に関するものがほとんどです。

長文読解の問題は、うしろの方に少し載っている程度。

これでは、ほとんど長文対策ができず、模試や定期テストに対応できなくなってしまいます。

でも、英検3級の問題集には、長文問題がたくさん掲載されており、長文の分量も公立高校のレベルです。

長文読解の実力を伸ばしながら、ついでに英検にも挑戦しちゃいましょう!

合格すれば、高校受験や大学受験の出願時に提出できるので、一石二鳥ではありませんか!?

中1・2年から英検はかならず意識していこう!

定期テストが終わって、ひと段落がついた中1・2年生も、英検には積極的に挑戦してもらいたいですね。

合格すれば素直に嬉しいし、モチベーションも高まります。

来年からは受験生になりますので、「未来への投資」だと思って勉強してみてはいかがでしょうか?

できることを増やしていければ、やりたいこともどんどん見えてきます。

それではまた!

 


コメント