夏休み明けの不登校児童 オンライン授業で解決できた!

塾の様子
この記事を書いた人
この記事を書いた人
菅原 正道

千葉市緑区出身の現役塾長。小中高生を対象とした学習塾で、5年間教室長をつとめる。
これまで、200名以上の受験生を第一志望の学校に送り出してきた。確実に合格するための戦略を組み立てることを得意とする。

菅原 正道をフォローする

不慣れな学校生活で不登校になりがちな子どもが続出!

猛暑の中、今週から小中学校は再開しました。

本来であれば、まだ夏休みのはずですが、今年は異例の8月からのスタート。

教室の子どもたちの中には、不慣れな生活のためか、急に学校に行けなくなってしまった。
あるいは、学校に行った後は、外出できない状態になってしまった子が、最近出てきています。

やはり無理は禁物ということですね。

「塾に行きたくない」「塾に行けない」子どもにはオンライン授業で対応できる

学校に行って疲れてしまったので、塾に行けません

 

不慣れな学校生活のため精神的に病んでしまい、塾に行けない状態になってしまいました。

昨日、一昨日とそういった連絡がありましたので、急遽オンライン授業で対応することになりました。

 

すると、少し自宅でリラックスできたのか、非常に落ち着いた様子で勉強できていたのが、画面越しに伝わってきました。

まだまだ一人で勉強が進められない子については、オンラインであっても、先生とコミュニケーションを取りながら勉強する方がやりやすいでしょう。

どんな子どもにも対応できるようオンライン授業の体制は必要だ

学習塾の多くは、すでに対面での授業が一般的になっているかと思います。

やはり、自宅ではなかなか集中して勉強しづらいですし、周りで頑張っている子がいれば、自分も頑張ろうという気持ちになりやすいですからね。

ただ、不登校の生徒や、個人的な事情で塾に行けない生徒には、オンライン授業がもの凄く役に立っています。

オンラインであっても、わからないことは先生に質問できますし、リアルタイムでつながっていれば、そこそこの緊張感をもって勉強できます。

今さらながらですが、休校期間中にオンラインでの授業を取り入れてよかったです。

真砂中は、明日も定期テストです。

みんな今日も気合十分で、机に向かっています。

それではまた!

コメント