【夏休み】磯辺高校に合格したい君へ 夏の過ごし方で合否は決まる

公立高校
この記事を書いた人
この記事を書いた人
菅原 正道

千葉市緑区出身の現役塾長。小中高生を対象とした学習塾で、5年間教室長をつとめる。
これまで、200名以上の受験生を第一志望の学校に送り出してきた。確実に合格するための戦略を組み立てることを得意とする。

菅原 正道をフォローする

いよいよ夏休み到来!本格的に受験生だ

今日は金曜日ということで、千葉市の小中学校はひとまずお休み。
明日から本格的に夏休みになります。

中学3年生は、だいたいの部活は今日か明日で終了。
ということは、これからは受験生!

偏差値50くらい余裕である子なら、それほど上から言われなくても、自分から勉強するかな?
ある程度自力もあるでしょうから、たいして勉強しなくても、磯辺高校くらいなら合格できるでしょう。

しかし、50以下となると、なかなか勉強に身が入らず、グダグダなまま夏休みを過ごしかねません。

そうなったらもう、
「磯辺高校に行きたい!」
なんて言ってはダメです。

やるべきことをしていないのに、行ける高校なんて入れるわけがないんです。
この夏、合格に向けてしっかり行動しましょう。

まずは英語・数学・国語を毎日やる

前回の記事で、この夏は主要3科目をまわすべきことをお伝えしました。


千葉市の小中学校はもうすぐ夏休み!定期テスト対策 or 受験対策 どちらを優先すべきか?

今年の夏休みは短いので、5科目をまんべんなく回すのは難しいでしょうからね。

偏差値50以下のレベルだと、たいてい英・数・国の3科目のうち、2科目は平均以下の子が多いです。

そして、この3科目は、直前の追い込みで一気に伸ばしていくことが極めて難しい科目です。
最低でも半年は時間がかかります。

英語や数学が苦手な子の場合だと、たいてい中1の後半あたりから苦手になっている子が多いです。
そのため、この夏休みは、もう一度1・2年生の復習をじっくりやってもらいたいですね。
国語は、毎日読解問題を一題解いて、長めの文章を読む力を鍛えてください。

ここで気が抜けている子は、もう終わってる・・・

毎年のように
「磯辺高校に行きたい」
という受験生に出会います。

合格していく子もいれば、合格レベルに達せず、志望校を変更して別の高校に行く子もいます。

その差は何か?

部活が終わってからの夏休み以降、本気で受験勉強に取り組んだか、否かです。

いつまでも生ぬるい状態でいては、受験直前になっても、どうせ生ぬるいです。

来年の受験日である2月24・25日まで、まだ半年もあります。

本気で磯辺高校に行きたいと思っているのなら、ガチで勉強しますよね?

やってやりましょう!

それではまた!

コメント