塾選びのポイント 子どもに合った塾 集団塾か個別指導塾か 

塾日誌

2月も半ばになり、新学期に向け塾を探し始めている方も出てきているのではないでしょうか?

自分の子どもは、どこに行かせようか、どこの塾が向いているのか、塾代はいくらなのか、etc.

気になることはたくさんありますね。

今回は、集団塾か個別指導塾か、の2択に絞って解説していこうと思います。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
菅原 正道

千葉市緑区出身の現役塾長。小中高生を対象とした学習塾で、5年間教室長をつとめる。
これまで、200名以上の受験生を第一志望の学校に送り出してきた。確実に合格するための戦略を組み立てることを得意とする。

菅原 正道をフォローする

集団塾のメリット・デメリット

 

集団塾のメリット

  • 周りにライバルが多いので、刺激を受けやすい。
  • 月謝はわりと低めに設定されている。
  • 塾のカリキュラムに沿って進められれば、そのまま受験に臨めるよう設定されている。

集団塾のデメリット

  • 授業についていけなくなると塾に通っているだけになって身についていない。
  • 消極的な子の場合、わからない問題があっても質問できないまま過ぎ去ってしまう。
  • レベルの低いクラスだと、ダメな子の影響を受けて、自分の子どももダメになってしまう。

個別指導塾のメリット・デメリット

 

個別指導塾のメリット

  • 学校の授業についていけない場合は、その子の理解度に合わせて進められる。
  • わからない問題はその場ですぐに教えてもらえるので、進み具合が遅い子にとっては安心して勉強できる。
  • 対人コミュニケーションが苦手な子や人間関係に悩みがある子にとっては、周りの子を意識する機会が少ないのでストレスを減少することができる。

個別指導塾のデメリット

  • 周りの子の刺激を受けにくいので、マイペース過ぎると危機感がなくなりがちになる。
  • 授業料が集団塾に比べてやや高めに設定されている。
  • 勉強の進み具合がマイペースになりがちなので、受験直前に大慌てして対応するハメになりがち。

だいたいこんな感じでしょうかね。
もちろん、それぞれの塾ではデメリットを解消するためにさまざまな対処法を用意していますので、一概には当てはまりません。

いろいろな塾の体験授業に顔を出し、教室の雰囲気を感じてみることで判断してみた方がいいでしょうね。

注意点として、塾を見極める上で大事なこと。
それは、月謝の安さor高さ だけで判断しては絶対NGだということです。

今まで月謝が安いというだけで塾を選ぶ方を見てきていますが、たいていの場合うまくいっていないです。

なぜなら、月謝が安い、ということはそれだけ人件費がかかっていないから。

子どもの教育で最も大事なことは、一人ひとりの子に対しどれだけ大人が関われるか、によるところが大きいです。
もちろん、自分でどんどん先に進めていけるような優れた子であれば、放っておいても勝手に成績は伸びます。
しかし、たいていの子どもは進捗状況をこまめにチェックしてあげたり、ちゃんと理解できているのか、大人の目で見極めることが必要になります。
自分の子はできる方だと思っていても、意外と自分の間違いに気づかずに、間違ったまま進めてしまっている子もいますからね。

月謝が安い、すなわち人件費があまりかかっていない、ということは、チェック機能が十分に働いていない可能性が高いといえます。
先生がたまに見回っているだけで、授業という名の自習にすぎない、ところもあるみたいです。

ですから、自主的に勉強を進められないお子さんの場合、「月謝が安い」という基準で塾を選ぶと、ただ通わせているだけ、という状況になって意味がありません。

どちらを選べばよいかの基準

結論として、集団塾か個別指導塾か、どちらかで迷っている方におススメの基準を以下に3つ挙げたいと思います。

  1. 学校の定期テストで平均点以上とれているか否か。
    ⇒取れていれば、集団塾。平均以下なら、個別指導塾。
  2. 子どもの性格が積極的な方か、どちらかというと消極的か。
    ⇒積極的ならまずは集団塾。消極的ならまずは個別指導塾。
  3. 家庭学習の時間が毎日1時間以上とれているか否か。
    ⇒毎日1時間以上は勉強できているのなら、集団塾。ほとんど家で勉強しないのなら、個別指導塾。

こんな感じでしょうかね。

どのタイプの塾に通うかで、子どもの学力に大きな差が生まれてしまいます。
全然基礎学力がないのに、集団塾に入れても授業についていけず、まったく成長していない。
そんなお子さんをこの1年で10人くらい見てきました。
「なんでこのレベルで集団塾なんて入れさせたんだ?」
と思ってしまうことが度々あったのです。

そうならないように保護者の偏見だけでなく、ぜひ子どもの視点で塾を選んでみてください。

コメント

  1. […] 受験バカのまなびNAVI ちば!2020.02.16塾選びのポイント 子どもに合った塾 集団塾か個別指導塾か https://shien-salon.sugawara-kokusai.net/2020/02/16/jukuerabinopointo-kobetsu-os-shuudan/2月も半ばになり […]