塾に通う理由。成績を上げるだけが目的ではなくなりつつある。

コラム

塾に通う目的も人それぞれ・・・

最近、小中学生のお子さまを持つ方からの相談が増えてきました。
昔から塾に通う目的といえば、当然「成績を上げること」ですが、それ以外にも各ご家庭ごとにさまざまなニーズがあるのだな、と感じることがあります。

たとえば、以下のケース。

  • 小学校1年生~4年生くらいの子の場合だと、小さいころはお母さんと一緒によく勉強していたが、最近なかなか言うことを聞かなくなってきた。まずは親以外の第三者にしっかり子どもの面倒を見てほしい。
  • 親子間だと、なれ合いになってしまい、勉強に身が入っていない、といったケース。
  • 学校の勉強にはついていけているが、家では全然勉強しようとしないので、まずは学習習慣を身につかせたい、というケース。
  • 学校の先生がご高齢のため、息が合わず勉強がつまらなくなっている。
    子どもの勉強きらいが本格的になるまでに手を打ってほしい。
  • 中学生くらいにもなると、定期試験や受験も意識し出すので、子どものモチベーションを上げてもらいたい。

このように、単純に成績を上げればいい、というものばかりではないようです。

環境を変えることによって、行動が変わり、習慣が変わり、成績も変わる!

子どもの成長とともになかなか親の言うことを聞かなくなるのは自然なことです。
普段あまり接することのない第三者の監視のもと、小さいうちから勉強することはとても大事なことだと思います。
また習い事で忙しかったり、家でゲームやスマホばかりやっている子の場合だと、当然学年が上がっていくにつれ成績はガタ落ちになってきます。
まずは学校の勉強にしっかりついていけるよう、定期的に勉強する習慣を身に付けさせたいですよね。
塾に入れば周りはおおかた真面目に勉強に打ち込んでいますので、自分も頑張らねば、という気分にもなります。
モチベーションが上がらない、という悩みをよく子どもたちや保護者の方から伺いますが、即効性はほとんどありません。
やる気は行動することによって、徐々に湧いて出てくるものなので、まずは、子どもがしっかり塾に通って定期的に勉強するように環境を整えてあげることが大事でしょう。

コメント